ジョグネット

リーボックから「ポンプテクノロジー」搭載のランニングシューズ「Pump Supreme ENGINE」登場

機能美を追求したリーボックらしい新作ランニングシューズ

リーボックから「ポンプテクノロジー」搭載のランニングシューズ「Pump Supreme ENGINE」登場

リーボック「Pump Supreme ENGINE」

ポンプテクノロジーを搭載したリーボックの最新ランニングシューズ

リーボックは、「The Pumpテクノロジー」を搭載しデザイン性と機能性を両立させたランニングシューズ「Pump Supreme ENGINE(ポンプシュプリームエンジン)」を2017年2月4日(土)より発売すると発表した。

空気でフィット感を調整する「The Pumpテクノロジー」は、1989年にバスケットボールシューズに搭載されて以来、進化を続けている同社を代表するテクノロジーで、1994年に「The Pumpテクノロジー」搭載のランニングシューズとして登場した「インスタポンプフューリー」は、ランナーだけでなくストリートでも人気を博した伝説的なシューズとなった。

今回、そんなリーボックの機能性とデザイン性を引き継ぎ、現代においてさらに進化した「The Pumpテクノロジー」を搭載したランニングシューズとして誕生したのが「Pump Supreme ENGINE」である。

軽量性とクッション性を兼ね備えた「Pump Supreme ENGINE」

ミッドソールには軽量性とクッション性の高いカーボネイテッドフォームを採用。アウトソールにはリーボック独自の「メタスプリット構造」により、カーボン素材を中足部に使用し剛性を高め、足を踏み出すごとに安定感を生み出す。

また、「The Pumpテクノロジー」をシュータンのトップから中足部にかけて配すことで、ランナーの足にそれぞれにカスタマイズされたフィット感をもたらすことに成功した。

伊勢丹新宿店や、BEAMS、BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSなどの店舗限定カラーを展開し、春夏シーズンを通して全10カラーの展開を予定。価格は自店販売価格で、23,000 円(税抜)となっている。

関連リンク

関連記事