ジョグネット

「Nike+ iPod Sensor」でジョギングデータを簡単管理

iPodとNikeのシューズでジョギングデータを記録しよう

Nike+ iPod Sensorで自分のジョギングデータを管理

Nike+ iPod Sensor

ジョギング必須アイテムの連動で簡単データ管理

Nike+ iPod Sensor」はNike+シューズとiPod(iPhone)が連動して、自分で設定したジョギングの各種データ(コースや時間、距離、カロリー目標など)をパソコン(Windows/Machintosh)で管理できるツール。

ジョギングのデータ管理は、Excelや手書きなどさまざまな管理方法があるが、実践するとなかなか煩雑なため、疲れているときなどついつい先延ばしにして忘れてしまったりすることが多いのではないだろうか。

「Apple Nike+iPod Sensor」はジョギングのデータ管理が気になる方には必携のアイテムである。

「Nike+ iPod Sensor」によるデータ連動の仕組み
「Apple Nike+iPod Sensor」をシューズに装着することで、ジョギング中の衝撃を500円玉程度の大きさのセンサーが計測して距離や消費カロリーをiPod(iPhone)に送信することができる。

関連リンク

関連記事